水子供養|東京都の調布不動尊常性寺の歴史

調布不動尊 常性寺トップページへ

常性寺は、鎌倉時代の創建当時から皆様に親しまれております。

常性寺略縁起 (沿革)

常性寺は正式には「医王山長楽院常性寺」と称し、鎌倉時代に創建された由緒ある寺院です。 往古は多摩川沿いに壮麗な諸堂が建立されていましたが、安土桃山時代を経て江戸時代に入ったころ、旧甲州街道沿いの現在地に移築させられました。その後、中興の法印祐仙が、
上総国成田山新勝寺より成田不動尊を勧請したのが始まりとされています。
以来、「調布不動尊」と称され広く皆様に親しまれています。

医王山長楽院常性寺

本堂(薬師堂)

本堂には、薬師如来(金剛仏・丈二尺五寸)座像が安置されています。
薬師如来は、別名「医王如来」ともいい、医薬を司る仏様として仏の教えを聞き、悟りの道を実践することができるように、多くの人々のさまざまな心身の病を癒してきました。

本 尊 薬師如来
中興開山 権大僧都 祐仙

不動堂

不動堂には、成田山不動尊を勧請した不動明王をお祀りしております。この不動明王は、調布のお不動さん"として地元の方々に長く親しまれております。

地蔵堂

地蔵堂には一願地蔵尊をお祀りしております。
お参りの際、一度に沢山のお願い事をするのではなく、願いは一つだけ・・・・
そういうところから一願地蔵と呼ばれております。
昔から願い事は色々願わず、これだけという一願を持って祈るものと伝えられてきました。
常性寺の一願地蔵尊は、一願は必ず叶えてくれるといわれております。
常性寺の歴史文化財「石仏馬頭観音」札所のご案内

このページの先頭へ

Copyright 2004 Chofu Fudoson all rights reserved.